ETCカードの種類

ETCを利用すると、料金を後払いにして高速道路を利用することができます。 そのため、ETCカードはクレジットカードの一種と言え、実際にもETCカードはクレジットカード会社で発行手続きが行われています。

ただ、ETCカードは一般のクレジットカードと全く同じものであるというわけではありません。

ETCカードはその種類を「ETC専用のカード」と「一体型のカード」との2つのタイプに分けることができます。

ETC専用カードはその単体では通常のクレジットカードの機能を持ち合わせてはいません。あくまでもETCを利用するときにのみ、使用することのできるカードです。 そのため、ETCカードとは別に必ず対となるクレジットカードを発行する必要があります。

新規で契約する他には自動的にクレジットカードとETCカードがセットで発行されることになりますが、すでに今ETCに対応しているクレジットカードをお持ちであれば、それに追加する形でETCカードを発行するということも可能です。 こうした追加のケースでは、発行までが非常にスピーディーであるというメリットがあります。(なお、ETC専用カードは更に個人用カード、法人用カードの2種類に分けることができます。)

一体型のカードは一枚のみで通常のクレジットカードとしての機能とETC用の機能を持ち合わせたカードです。

給油やETC以外の普通のお買い物などにも利用が可能ということで、あらゆるシーンでとても使い勝手が良いのが特徴。その利便性の高さから、最近多く見られるのがこの一体型のETCカードです。

ただしひとつ気をつけなければならないのは、もしも一体型ETCカードが盗難に遭った場合、ETC専用カードのケースよりも被害が大きくなる可能性があるという点です。