ETC車載器の取り付けについて

高速道路・有料道路の利用時に便利な「ETC」ですが、まずは「ETC車載器」の取り付けが必要です。

「ETC車載器」を購入したいがどこで買えばよいのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

「ETC車載器」は、現在様々な店舗、ショップで購入できるようになっています。たとえば、近隣のカー用品店でも購入できますし、各ディーラーでも販売しています。もちろん、インターネットショップでも各種販売されています。

では、ETC車載器の購入時にかかる費用とは、どのくらいを見積もっておくとよいのでしょうか。

ETC車載器自体は、およそ1~3万円までの価格帯で入手することができます。それに加え、セットアップ費用としておよそ3000円、取り付け費用として、およそ4000円前後を見ておけばいいでしょう。

さて、「セットアップ」という言葉が出てきましたが、一体これは何なのかといいますと、ETC車載器を取り付ける車両の情報を書き込む(インプットする)という作業のことをいいます。セットアップはセキュリティ上、確実性が求められるため、セットアップ作業を認可されている店舗で行う必要があります。

「ETC車載器」は、取り付ける各車両一台一台について、高速道路や有料道路の利用状況を把握させるものですので、車両情報をあらかじめ登録しておくことが必要となるわけですね。

このように、ETC車載器の取り付けには、ある程度の出費が必要となるわけですが、キャンペーンや割引制度もありますので、注意して情報を収集しておくと、よりお得にETC車載器を取り付けることも可能です。