ピッタリのETCカードを見つけるためのお手伝いをします!

このサイトではETCカードの特徴を徹底比較して、ランキング形式でご紹介しています。

ETCカードと言っても、いろいろな種類や特徴があります。

「年会費無料のカード」、「年会費は有料だけどポイントを考えるとお得なカード」、「飛行機のマイルがを貯まるもの」「いつも買い物するスーパーのポイントが貯まるカード」「電話料金がお得になる1枚」「ガソリンが割引になるもの」・・・などなど。

個人個人ライフスタイルが違いますので、一概にどのETCカードが1番良い、ということは言えません。 あなたのライフスタイルに合ったETCカードを見つけるのがポイントです。 当サイトで是非、あなたにピッタリのETCカードを見つけて下さいね!

ETCカードの必要性

ETCカード、もう持ってます?
高速道路が無料になるならETCカードは無くてもいいんじゃない?とも言われていますが、本当にそうでしょうか?

まず、実際に使ってみるとわかるのですが、ETCの便利さは1度使うとやめられないものがあります。出口の渋滞でダラダラ待つことも無いし、窓を開けて車を寄せる必要もないし、本当に便利なんです!
ETCカード1枚で高速道路運転のストレスは軽減されますよ。

それから、例えば東京湾アクアラインは普通車で3,000円かかります。ほぼ必ず往復すると思いますので、6,000円。
これが、ETCカードを利用するだけで片道800円!
今はETC車載機の価格も落ち着いていますから、2回程往復したら初期費用の元も取れます!


そして、ここからがイチバン重要です!!
ETCカード料金は、必ずクレジットカードで払います。クレジットカードといえばマイル、割引制度などの「お得なポイント」!!!
これを見逃す手は無いですよ!

ETCカードの基礎知識

ここでは、ETCカードに関連する基礎知識をご案内します。詳しくご覧になりたい方は、左のメニューを1つ1つクリックして確認していただきたいのですが、 けっこう大変ですw。ここではいくつかピックアップしておきますので、はじめてETCカードを発行しようと検討している方はよろしければご覧くださいね。

今さら聞けないけどETCって何?

仕事や旅行などで、高速道路に乗ったりすると、もうお馴染みになってきた感のある、料金所の「ETC」ゲート。「ETC」ゲートに並ぶ車と、そして従来のゲートに並ぶ車の、二種類に分けられていますよね。 さて、「ETC」を導入していない方もまだいらっしゃるかと思います。「ETC」というのは一体、どんなシステムなのでしょうか? ⇒続きはコチラです

自分の自動車以外でも使えるの?レンタカーは?

ETCカードは、自分の所有している車以外でも、問題なく利用することができます。 高速道路・有料道路の料金支払いゲートをスムースに通過できる、ETCシステムは、基本的に「通信」と「料金の徴収」に関係のある、すべての規格において「統一化」されています。
どういうことになるのかといいますと・・・ ⇒続きはコチラです

ETCカード利用の注意点1

料金所をノンストップで通行できる、値引きやポイント付与があるなど様々なメリットがあるETCカード。しかし、そんなETCカードにも、いくつかの注意しておきたい点があります。 最も気をつけなければならないのは・・・ ⇒続きはコチラです

ETCカード利用の注意点2

ETCシステムを実際に利用する場合、走行中のETCカードの取り扱いについて、いくつか気を付けたいことがあります。 ETCカードがきちんと挿入されてあれば、ETC車載器のランプがきちんとついたり、音でも知らせてくれたりするので、正常に機能していることがわかります。ですから、ETCレーンの開閉バーも問題なく上がり、スムースに通過できます。 しかしながら、ちゃんと挿入されているかどうかが急に心配になって、ETCレーンの入口直前になって、抜き挿ししてみたりするのは・・・ ⇒続きはコチラです

お得で便利なETCカードの選び方

ETCカードを作る場合には必ずクレジットカードが必要となります。 そのため、新たな手間をかけるのを避け、現在お使いのクレジットカードを利用してETCカードを作ってしまうという方は少なくないでしょう。 でもちょっと待ってください!もしかしたらそれはあまり賢い方法とは言えないかも!? クレジットカードをご利用の際には・・・ ⇒続きはコチラです